関屋記念2017結果/レース回顧|マルターズアポジーが逃げ切る!

1pt   2017-08-13 16:06
元競馬ブック記者 川田英太の競馬予想ブログ

kawata_tuika20_960_720-300x144.jpg

新潟 関屋記念は マルターズアポジーが逃げ切る!

2017/8/13(日)開催 新潟11R 関屋記念(G3)
3歳以上オープン 1600m (芝・外) 別定戦

人気が分かれた今年の関屋記念。
戦前予想では 「 先行激化 」と思われたが、
終わってみれば、前で競馬をした馬での決着。
その要因は、大事を取ったウインガニオンにあると言えるだろう。

パドックでは発汗のきつさが目についたマルターズアポジーだったが、
レースでは思い切った逃げ作戦を選択している。
ウインガニオンが控えてくれ、道中はこの馬のマイペース。
直線に入るとウインガニオンが迫ってきたが、何とか辛抱しての逃げ込み。
勝ち時計 1分32秒2、上がりは45.6-34.3。
陣営と武士沢騎手の作戦が、功を奏した感じがする。

2着は控える競馬をしたウインガニオン。
他馬はこの馬をマークしての競馬をしたので、
勝ち馬にとってはウインガニオンさまさま…

3着は渋太い伸びを見せたダノンリバティ。

そのあとに、ヤングマンパワー、ダノンプラチナ、ロードクエストが続いた。

昇級戦になるメートルダールには、お手上げの展開になってしまった…

新潟の直線は長いが、展開ひとつで、こんな結果にもなってしまう。

競馬は、実に難しい…

【徹底予想】 ※エルムSでテイエムジンソクを負かす馬が気になる方はクリック

【状態絶好】 関屋記念(G3)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【新潟競馬】 ★関屋記念(G3)真夏のマイル王に輝くのはこの馬・・・(必見です)

【札幌競馬】 夏のダート王決定戦!今週の注目は『エルムステークス(GⅢ)』

   競馬アンテナトップページへ
競馬の話題が沢山。