フェブラリーステークス2018出走予定馬徹底分析[2]~テイエムジンソク他

0pt   2018-02-14 00:50
元競馬ブック記者 川田英太の競馬予想ブログ

a2f4289382944b74b4680536766801f0-300x225

フェブラリーステークス2018徹底分析[2]

2018/2/18(日) 東京11R フェブラリーステークス(G1)
4歳以上オープン 1600m (ダート) 定量戦

待ちに待った GIレース始まりです。

出走各馬の1頭1頭を、3回に分けて詳しく分析していきます。

フェブラリーステークス2018/出走予定馬のポイント

フェブラリーS 出走予定馬/サンライズノヴァ 4歳

根岸Sの2着を叩いて、初めてのフェブラリーS挑戦。
出遅れが多く、後方から競馬をするため、成績にムラがあるのがネック。
ここまでの1600m戦は、3戦2勝だが、武蔵野Sではいいところなく、12着に敗れている。
まだまだ見限れないモノを持っているが、アテにできないのも事実。
気持ちひとつ、展開ひとつにかかっている…

フェブラリーS 出走予定馬/テイエムジンソク 6歳

東海Sの勝利で、フェブラリーSへの優先出走権を確保している。
昨年の春先からの充実は著しく、メキメキ頭角を現して堂々たるオープン馬に。
今回の1600mは未知数の距離になるが、1700mの内容なら問題はない。
まして、広くユッタリした東京コースだけに、流れに戸惑うことはない。
すべては力関係に尽きそうだが、ここで無様な競馬をするとは考えづらい。

フェブラリーS 出走予定馬/ニシケンモノノフ 7歳

昨年11月のJBCスプリントを勝ち、今年は芝のシルクロードSに挑んだが15着。
今回はダートに戻り、昨年5着のフェブラリーSに参戦する。
JRAに転入してから9勝をマーク。1200m4勝、1400m5勝の内訳。
馬力で押し切るタイプで、渋太く伸びるが、切れる脚は使えない。
府中は直線が長く、距離も延びるので、前走からの巻き返しはあっても、
一変して勝ち負けするまでは難しい気がする。

フェブラリーS 出走予定馬/ノボバカラ 6歳(次点)

力は秘めているが、好走が続かず、ムラ駆けの傾向が強い馬。
フェブラリーSは初めての挑戦となる。1600mの成績は12戦して2勝、2着4回。
2016年の武蔵野Sの勝者であり、昨年の南部杯では2着がある。
今回は根岸S 10着を使っての臨戦過程だが、デキは現状維持と見るのが妥当だろう。

フェブラリーS 出走予定馬/ノンコノユメ 6歳せん馬

2016年のフェブラリーSの勝ち馬。翌年のフェブラリーSは7着に敗れている。
去勢してからの成績はイマイチで、掲示板には載っても、馬券には絡んでいない。
前走の根岸Sは58kだったが、馬場が締まる味方もあり、久々の美酒を味わっている。
強い馬ではあるが、まだ信用できない面があるので、扱いが難しい。
根岸Sのレコード勝ちを鵜呑みにするのだけは避けてほしいが…

フェブラリーS 出走予定馬/ベストウォーリア 8歳

根岸Sを予定していたが、フレグモーネのため出走を取消。
フェブラリーSは、2016年で勝利し、2017年は2着の好成績。
年齢こそ重ねているが、侮れない1頭と言える。
ただ、2016年のフェブラリーS以降、勝ち鞍を挙げていない。
今回は取消のアクシデントもあって、武蔵野S以来の出走となり、
シビアに判断するなら、ひとつふたつ割引かざるを得ない。

3 に続く…

フェブラリーステークス 出走予定馬徹底分析記事はこちら

フェブラリーステークス2018出走予定馬徹底分析[1]~ゴールドドリーム他

【浦和競馬】 ※ユングフラウ賞(S2)徹底分析予想はこちらから

【東京競馬】 砂の頂上決戦『フェブラリーS(G1)』の注目予想情報はコチラ

   競馬アンテナトップページへ
競馬の話題が沢山。